【結論】SV925ネックレスはお風呂で使用OK!温泉はNG!|耐久性と汚れ防止の秘訣

sv925 お 風呂 sv925 ネックレス お 風呂

シルバーアクセサリーの中でも『sv925』製のネックレスは、その美しい輝きと耐久性から多くの人々に愛されています。

しかし、日常的に身につける中で気になるのがお風呂での扱い。

今回は

『sv925製のネックレスやアクセサリーは付けた状態でお風呂に入っても大丈夫なのか』

を徹底解説します。

あゆ美

SV925ネックレス愛用歴20年以上のGJVオーナーの私が、自分の経験とシルバーの特性も合わせてお話します。

この記事を通じて、sv925のアクセサリーをどのようにケアすれば良いかを詳しく学んで、長く愛用できるようにしましょう。

【結論】sv925のネックレスをお風呂でつけても大丈夫です

sv925のネックレスをお風呂でつけても大丈夫かどうかを気になる方は多いでしょう。

実は、sv925は非常に耐久性が高い貴金属なので、お風呂で使用しても特に問題はありません。

日本ジュエリー協会のウェヴサイトには、次のように記載されています。

希少であり、加工性がよく、化学的に安定していることなどが貴金属といわれる所以です。

 

参考:一般社団法人日本ジュエリー協会

通常のシャワーやバスタイムでの使用では明らかな変色や劣化が発生することはほとんどありません。

私はネックレスのケアをしつつ、年単位でつけっぱなしにした経験があります。

注意
全く影響がないといえばそうではありませんが、お肌に身に着けるアクセサリーは全て何かしら影響をうけています。

見た目や通常の使用で問題がない。

という意味で、お風呂でつけていても問題ありません。

ただし、知っておきたいことが3点。

  • SV925を風呂でつけても大丈夫な人、ダメな人がいます
  • お風呂で外したほうがいいシルバーがある
  • 温泉はダメ

ぜひ最後までお読み下さい。

実はお風呂でつけるメリットがある

SV925 お風呂 つけっぱなし

sv925はスターリングシルバーとも呼ばれ、92.5%の純銀と7.5%の他の金属(通常は銅)で構成されます。

この組成により、高い耐久性と美しさを保つことができます。

お風呂での利用はむしろ、アクセサリーに付着した汚れを自然に落とす効果があり、シルバーの輝きを保つのに役立ちます。

また、日常的なお手入れとして、柔らかい布で軽く拭いてあげることで、さらにその美しさを長持ちさせることができます。

入浴剤と水道水の塩素は?

入浴剤が入っている場合は成分がわかりませんので、避けた方がいいでしょう。

水道水の微量の塩素については賛否ありますが、プロでもシルバーアクセサリーの汚れを落とすのに使用するのは水道水と中性洗剤ですから、正直問題無いと判断しています。

SV925をお風呂でつけても問題ない人

sv925 お 風呂 sv925 ネックレス お 風呂

SV925ジュエリーは金属としては、お風呂でつけても問題ありません。

多少の傷や、少しずつお肌に馴染み、自分のものになっていく過程をたのしめる人は大丈夫です。

シルバージュエリー愛用歴20年以上の私が言うので間違いありません。

シルバーネックレスを年単位でお守りとして肌身離さず着けていた時期がありますが、特に問題ありませんでした。

多少の傷などはつきますが、それも鍛錬されたシルバーの味わいとして楽しんで下さい。

MEMO
傷がつくのでお風呂では外しましょう!

という情報も見かけますが、純度の高いシルバー(SV925)は基本的に柔らかいので、愛用すれば多少の傷がつくのは常識です。

また、時間経過と共に少しずつ硬くなっていくのもシルバーの特徴です。

あまり神経質になると、せっかくのネックレスやリングを楽しめません。

SV925アクセサリーをつけっぱなしにするのは大丈夫なのかについては、sv925はつけっぱなしでも大丈夫!プロが教えるシルバーの特性をご覧下さい。

SV925をお風呂でつけないほうがいい人

少しの傷や変化も許せない。

使い込んだ感じが好きではない。

購入した当時の傷ひとつない輝きを保ちたい!

という人はお風呂ではつけないほうがいいでしょう。

金属として問題がなくても、ご自分が気になるのであれば外しておきましょう。

 

sv925ネックレスをお風呂で使う際の注意点

お風呂でsv925のネックレスを使用する際には、いくつかの注意点を守ることで、さらに安心して使うことができます。

まず、シャンプーやボディソープ、入浴剤がネックレスに付着し、場合によっては表面が曇ったり変色する可能性があるため、しっかりと洗い流すことが重要です。

汚れが付いても元通り綺麗になるのもSV925の愛すべき特徴です。

さすが貴金属ですね。

また、一般の家のお風呂なら問題ありませんが、温泉のように硫黄を含んだ水NGです。

シルバーは硫黄と反応して黒く変色してしまうため、温泉にはつけて入らないようにしましょう。

sv925ネックレスと温泉の関係

SV925 お風呂 つけっぱなし

sv925ネックレスを温泉で使用するのはやめておきましょう。

温泉にはシルバーを黒く変色させる硫黄が含まれています。

この変色は「硫化」と呼ばれ、水道水や通常の洗剤を使用した洗浄だけで取り除くことができません。

シルバー専用のクロスや、専用クリーナーを使用しますので、後ほど詳しく解説します。

クロムハーツなどのゴツい系シルバージュエリーの黒は、わざと硫黄に着けて変色させ、凸部分だけを研磨して陰影のある独特の雰囲気をだしています。

ですので、当然ながら硫黄の含まれた温泉にシルバーを浸ければ黒く変色するわけです。

あゆ美

旅先の温泉でシルバーが黒く変色した場合は、帰宅してクリーナーで綺麗にするまでそのままです。

それは避けたいですね。

そのため、温泉に入る際にはsv925のネックレスは外して保管することを強くお勧めします。

温泉に入る前には忘れずに外して、直射日光の当たらない、乾いた場所で保管しておくと良いでしょう。

sv925のお手入れ方法

sv925のネックレスを長持ちさせるためには、適切なお手入れが欠かせません。

お風呂で使った後は、タオルで水分をしっかりと拭き取ります。

また、定期的にシルバー専用のクリーナーや布を使用して磨くことで、輝きを保つことができます。

保管時には、シルバー専用のケースや密閉袋に入れておくと酸化を防ぐことができ、長期間美しさを保てます。

お風呂では外したほうがいいシルバーがある

お風呂に入る際に外したほうがいいシルバーアクセサリーは

  • 華奢なデザインのもの
  • パールがついたもの
  • オパールがついたもの

華奢なデザインのもの

お風呂では体を洗うタオルなどで引っかけてしまう可能性があります。

あゆ美

実際わたしは何度も引っかけましたが、チェーンが太いものを愛用していたので問題ありません。

ただし体を洗うタオルがネックレスに引っかかりやすいのは間違いありません。

特に華奢なチェーンの女性用ネックレスは切れてしまうリスクも。

ピアスも同様、あまり小さすぎると紛失する恐れがあります。

なるべく外しておきましょう。

パールや有機質宝石がついたもの

水の中で生育されるパール(真珠)ですが、お風呂の水道水や石けんなどは悪影響です。

パールは有機質宝石に分類され、生き物である貝の組織をまとったものです。

有機質宝石とは

真珠、珊瑚(さんご)、琥珀(こはく)、象牙(ぞうげ)鼈甲(べっこう)など、生き物の力や組織を借りて生み出される有機質の宝石です。

無機質の鉱物である石の宝石に比べ、硬度が低く傷つきやすいです。

また酸やアルカリにも弱いため、取り扱いには十分な注意が必要です。

外しておきましょう。

オパールがついたもの

オパールは中に水分が含まれており、湿気や乾燥に弱い宝石です。

イメージとしては生きているように呼吸しており、環境にあわせて水分が出入りします。

お風呂にはいったり、水につけたりすると白っぽくなることも。

また乾燥じても黄色っぽくなることもあるので、注意しましょう。

水につけなくても多少の色の変化があります。

オパールの特徴として楽しむ反面、極端な環境変化は避けたいですね。

sv925ネックレスの日常メンテナンス

sv925ネックレスを日常的にメンテナンスすることで、その美しさを最大限に保つことができます。

何よりも重要なのは、着用後にきちんと拭き取ることです。

日常的な汚れや皮脂が付着しているため、柔らかい布で軽く拭いておくと、酸化を防ぐのに効果的です。

簡単な日々のお手入れ方法

sv925のネックレスの日常のお手入れとして、非常に簡単な方法があります。

まず、柔らかい布でネックレス全体を拭き、汚れや汗を取り去ります。

これにより、シルバーが劣化するのを防ぐことができ、長持ちします。

また、専用のシルバーポリッシュ布を使うと、さらに効果的に輝きを取り戻すことができます。

簡単なお手入れの頻度はどのくらい?

私の経験からすれば、「ちょっと汚れてきたかも。曇ってて輝きが劣ってるな」と感じたら、こちらのセーム革で拭き取ります。

 

「硫化して色が黒ずんできたかも」と感じたら、研磨剤入りのシルバー専用クロスで拭き取ります。

その後、先ほどのセーム革で磨くと更に艶がでます。

研磨剤入りクロスだけで頻繁に磨くと、シルバーの表面が削れていきます。

硫化した時だけ使用するのがいいでしょう。

定期的な深いお手入れ

日常のお手入れとは別に、定期的に深いお手入れを行うことも重要です。

シルバー専用の洗浄液を使い、ネックレス全体を浸けておくことで、チェーン内側の黒く硫化した部分も取り除くことができます。

この方法を変色の頻度に合わせて、数ヶ月または数年に一回行うことで、sv925は元の美しさを取り戻します。

あゆ美

シルバーという貴金属の素晴らしい点は、どんなに真っ黒に変色しても、専用クリーナーで必ず元の美しい輝きを取り戻せることです♪

もし放置して真っ黒になったとしても、諦めないで下さいね。

専用クリーナーや、自宅でできる簡単お手入れの詳しい方法は、シルバーネックレスの手入れは自宅で簡単に!誰でもできるアクセサリー洗浄方法をご覧下さい。

保管方法のポイント

sv925のネックレスを適切に保管することも、お手入れの一環として非常に重要です。

保管時には、乾燥した暗所に置くことが理想的です。

シルバー専用のケースや密閉袋に入れておくと、酸素や湿気から保護され、酸化を防ぐことができます。

また、シリカゲルなどの乾燥剤を同梱するとさらに効果的です。

SV925はお風呂でつけても基本的には大丈夫

今回の記事では、sv925のネックレスをお風呂で使用する際の注意点と、そのお手入れ方法について詳しく解説しました。

  • 金属としてはお風呂でつけても問題ない
  • 経過とともに変化する自分だけのシルバーを楽しみたい人はお風呂でつけても良い
  • 華奢なデザインのものは外す
  • 温泉は硫化反応で黒ずんでしまうためNG

 

まず、sv925は非常に耐久性が高い貴金属であるため、通常のバスタイムで問題なく使用できますが、温泉のように硫黄を含んだ水には注意が必要です。

また、日常的なお手入れとして、柔らかい布で拭き取ることが重要であり、適切な保管方法も欠かせません。

硫化が酷くなった場合は、専用液体クリーナーでの深いお手入れで輝きを取り戻せます。

これらの方法を守ることで、sv925の美しい輝きを長く保つことができるでしょう。

シルバーアクセサリーを愛用する皆さんには、この記事を参考にsv925のネックレスを適切にケアして、その素晴らしい魅力を楽しんでいただきたいです。

「すごく綺麗になったね」あなたに魔法の言葉をプレゼント

GJV(glam jewels vintage)のすべてのジュエリーは

女性としての自信がついたり

鏡に映る自分を見るのが楽しくなったり・・・

あなたの願いをジュエリーが叶える✧

GJV

公式サイト>