通販のダイヤモンドはなぜ安い?!買っていい商品の見分け方

通販 ダイヤモンド なぜ 安い

 

通販のダイヤモンドって、なぜ安いの?

なんと1万円ポッキリ!!

なんて嬉しい反面、買って大丈夫なの?

と心配になりますね。

テレビショッピングからオンラインまで、通販でのダイヤモンドの価格の秘密をお答えします。

この記事を書いている私は、自らもカジュアルジュエリーショップ glam jewels vintage でオリジナル商品を販売しています。

ジュエリー好きがこじれて、自分のショップだけでなく、他のお店の商品も大好き!


本当におすすめ出来る物を厳選して、紹介しています。

この記事を読めば、購入していいダイヤモンドの選び方がすぐにわかります。

もう悩まない!迷わないダイヤモンド選びを身に着け、買い物上手になりましょう。

この記事で解ること:

  • 通販のダイヤモンドはなぜ安いのか?
  • 本当に購入していいダイヤモンドは?
  • テレビショッピングとネットショップ、どちらがおすすめ?

 

通販のダイヤモンドはなぜ安い?安さの理由やそのからくりをご紹介

ダイヤモンドネックレスとピアスのセットで3万円とか、偽物じゃない?

いくら安くても偽物を堂々と販売していては、ただの詐欺ですから、流石にテレビショッピングではそれはあり得無いでしょう。

通販のダイヤモンドが安いのには、ちゃんと理由があります。

理由は主に3つ。

  • 為替相場
  • 大量仕入れ
  • 地金の軽量化

では詳しく解説します。

 

ダイヤモンドの価格を左右する為替

ダイヤモンドが産出されるのは、日本ではなく海外です。

海外の製品を仕入れるには、そのときの為替相場が大きく関わります。

近年では、まれに見る「円安」ということで、円の価値が下がっていますね。

これは海外からダイヤモンドを輸入すれば、非常に高くなってしまうということです。

じゃあ、これから販売されるダイヤモンドは高いってこと??

そうとも言えますし、逆に円高になれば安くなる可能性も秘めています。

為替相場は毎日価格が変動していますので、一概には言えません。

同じダイヤモンドでも、ある時は高額でびっくり!

でも時が経ったら値下がっていた。

ということもあります。

ダイヤモンドの仕入れに関わる業者さんは、この為替の動きに注意して仕入れを行っています。

通販のお安いダイヤモンド。

安く仕入れて、安く販売してくれたら、私たちにとって嬉しいことですよね。

 

大量に仕入れる

一度に多く販売出来ることが見込めれば、大量に仕入れ、価格を安くすることができますよね。

とくにテレビショッピングでは、「今から30分だけ半額」など短時間で大量に購入してもらうことも可能な訳です。

ただダイヤモンドの質については、善し悪しがあるため注意が必要です。

購入するときの注意点については、これから詳しく解説します。

 

地金を軽量化している

地金って?ダイヤモンドとは直接関係ないでしょ?

通販ではダイヤモンドを裸のまま販売していることはありませんよね?

必ずネックレスなどの商品に加工して販売します。

地金とは、その金属のことです。

18金やプラチナなどの高価な金属を使いますので、価格も上がります。

それでもお値打ちってことは??

ということは、金属の分量を減らしている可能性があるということです。

たとえばネックレスはネットやテレビでみただけでは、その分量はわかりません。

「18金の高級感あるネックレスを使用しています!でも価格は1万円!」

とだけ伝えられたらお値打ちな感じがしますよね。

実際手に取ってみたら、やたらと軽い・・・ということもあります。

ただ、軽量化の全てが悪いわけではありません。

正当な軽量化はされるべき

例えば腕の部分に厚みがあるダイヤの指輪。

これは裏側を少し削り落とし金属の分量を減らすことで、以下のメリットがあります。

  • 重すぎる金属が軽くなり、着けやすくなる
  • 価格をお値打ちにできる

もともと高価な金属を使うので、余分な金属を減らし、お値打ちにすることができます。

MEMO
特にプラチナは高価で、指輪の裏側は金属を削り取っる「裏抜き」がしてあることが多いです。

また、重すぎる指輪は実用的ではありません。

それを防ぐため、指輪の内側の見えない部分だけ金属を減らしておく。

これは正当な軽量化といえます。

安くなるなら、全部軽量化すればいいんじゃない?

実は、強度が落ちるというデメリットもあるので、一概にそうとは言えません。

では正当な軽量化と、そうで無い場合を見ていきましょう。

軽量化されてる?通販のダイヤモンドジュエリー購入で注意するポイント!

正直、通販では地金の重さまで解らないよね・・・

そうですね。

では購入するときに注意すべきポイントを押さえましょう。

指輪を購入する際の注意点

注意

指輪の胴体部分が太い物であれば、裏側がどのくらい軽量化してあるか確認できるものを購入すること。

裏側の金属を減らすことで、軽量化と価格を抑えるメリットはあります。

ただ、あまりにも薄っぺらくなっていると、強度が落ち、ゆがみの原因になります。

テレビショッピングだと、そこまで解らないでしょ?

そうですね。なので私は解説が丁寧にされているネットショッピングをおすすめします。

例えば、ダイヤモンド専門店のflagsさんでは、裏抜き加工アリ、ナシをご自分で選ぶことができます。

 

価格:¥39,800

 

flagsさんのリングの裏側の写真を見てみると、軽量化はされていますが、金属にしっかりと厚みがあります。

これなら指輪の強度や着け心地を保ち、さらにお値打ちという嬉しい利点もあります。

しかも裏抜きしないという選択肢があるのも、自由で嬉しい!

そうですね!私のように貴金属の重厚感が大好きなかたは、このくらいの太さのリングであれば裏抜きしていないほうを選ぶといいですね。

見えない部分ですから、ご自分の予算に合わせて選んでみましょう。

ネットショッピングでは、これくらい丁寧な解説と写真があるショップが安心です。

無理な軽量化で価格を下げ、強度も落としている業者もあるので注意しましょう!

 

ネックレスを購入する際の注意点

注意

チェーンの幅が何センチなのか見ておくこと。

チェーンの長さの解説はあっても、その太さまで解説しているか注意しましょう。

でもやっぱりお安いのが良い!

もちろんご予算に合わせて選ぶことも大切ですから、ご自分の納得出来る太さであればOK

実際に定規などで太さを見て、イメージし、納得してから購入しましょう!

価格重視であれば、1万円未満で手に入るおすすめダイヤモンドネックレスもあります。

こちらの記事を参考にして下さい↓

>>1万円未満!手軽に楽しめるダイヤモンドネックレス

 

私は、もう少し予算があるから、チェーンの太さにもこだわりたいの。

という女性には、オプションでチェーンの太さやダイヤモンドのグレードが選べる、こちらがおすすめです↓

>>ダイヤモンド専門店 “flags”の間違い無いネックレス

 

 

ダイヤモンドの安い、高いは何が違うの?

同じような大きさのダイヤモンドなのに、なぜそんなに価格にばらつきがあるの?

同じカラットでも高かったり、安かったり・・・

これは先ほどご紹介した為替変動や、円高、円安が大きく関わります。

それ以外にもダイヤモンドの「質」が大きく関わっています。

「質」とは

大きさ、カットの善し悪し、透明度、傷の有無、色味

この全てです。

つまり、0.3カラットくらいの大きめダイヤモンドでも、大きい傷があれば安くなります。

そのダイヤモンドの質を決めるのが、「4C」と言われるグレーディング基準です。

 

ダイヤモンドのランク4Cとは:

ダイヤモンドを評価する、以下の4つの頭文字”C”です。

  1. カラット(CARAT)
  2. カラー(COLOR)
  3. カット(CUT)
  4. クラリティー(CLARITY)

 

この4Cすべてのランクが高ければ、質が良く、高価なダイヤモンドです。

「4C」についてはこちらで詳しく解説しています↓

>>30代が選ぶダイヤモンドの「4C」

>>40代におすすめなダイヤモンドの「4C」

 

価格が安いということであれば、どこか条件を満たしていないはず。

例えばテレビショッピングなら、大きさ重視で

「0.5ctのダイヤ&プラチナ製ネックレスです!」

という売り文句だけ言われたら、お得な感じはしますよね。

逆を言えば、それ以外にセールスポイントが無い。

とも捉えることができます。

大きくてもカットが悪ければ、価格が下がるのは当然です。

 

通販でもネットショップがおすすめなのはナゼ??

私はどちらかと言えば、テレビショッピングよりもネット通販をオススメしています。

理由は、ダイヤモンドジュエリーを選ぶために重要なポイントが記載されているか、じっくり見ることができるから。

写真は商品の裏側まで見せてる?

ネックレスチェーンの太さは表示されてる?
実際の口コミは良い?

ネットショッピングなら、できるだけ多くの情報が記載されているショップを選ぶと良いでしょう。

では購入する際のポイントをご紹介します。

 

通販でダイヤモンドジュエリーを選ぶための重要ポイント

ではお値打ちなダイヤモンドジュエリーを選ぶ時に気を付けるべきポイントを押さえましょう。

特にネット通販で大切な部分です。

通販でダイヤモンドを選ぶ時のポイント:

 

  1. 商品の詳細が画像付きで詳しくわかる
  2. 実際のサイズがミリ単位でわかる
  3. ダイヤだけでなく、ネックレスならチェーンの太さもわかる(選べる)
  4. 他のショップの商品と比較検討する
  5. 衝動買いせず、じっくり選ぶ
  6. 購入者の実際の口コミをチェックする

1つずつ詳しく解説しますね!

①商品の詳細が画像付きで詳しくわかる

商品画像は多いに越したことはありません。

それも様々な角度からの写真です。

もちろん商品の裏側も見せているのがいいでしょう。

こちらの写真はダイヤモンドネックレスに定評のあるchoco fioreさんのネックレス。

 

ネックレストップの裏側の写真が載っています。

軽量化と共にデザインを重視したクローバーの裏抜きで、とても素敵ですね。

 

光を多く取り込むことでダイヤモンドの輝きが増す効果もあります。

 

軽量化は裏側の写真が無ければわかりません。

また、実際に商品を着用している着画があると、実際に身に着けたときの参考になります。

 

②実際のサイズがミリ単位でわかる

実際のダイヤモンドの直径がミリ単位で表示されていることが大切です。

ダイヤモンドのカラットは、大きさではなく、重さの単位。

0.3カラットでもお尻の部分が深いダイヤなら、正面からの大きさは小さく見えることがあります。

ダイヤモンドの直径は気にしておきましょう。

例えばこちらのダイヤモンドリングはavaronさんのものです。

 

 

ダイヤモンドの直径の記載はありませんが、指輪の胴体部分の幅が1.3mmとあります。

ダイヤモンドの幅も同じくらいなのは見て解りますので、実際の大きさの検討がつきます。

 

指輪の胴体部分の幅もミリ単位での確認が必要です。

ジュエリーは1ミリの差が、洋服で言えばSサイズとLサイズくらいの差が出ます。

予想では無く、実際の大きさを必ず確認しましょう。

 

③ダイヤだけでなく、ネックレスならチェーンの太さもわかる(選べる)

チェーンの太さも0.1ミリ単位で重要ですね!

ダイヤモンドが大きくなれば、細すぎるチェーンよりも太めのほうがバランスが良いです。

チェーンが選べることで評価の高いショップflagsさんのネックレスを見てみましょう。

 

 

オプションでチェーンの太さを選択できる、とても人気のネックレスです。

 

実際のチェーンの太さと写真も載っており、とてもわかりやすですね。

ただ、チェーンが太くなれば価格も上がるので、そこはご予算に合わせていきましょう。

もしチェーンの太さの記載が無い場合は、実際に身に着けている人の口コミを参考にしましょう。

 

④他のショップの商品と比較検討する

ネットショップはこれがいいですよね!

他のショップの商品と比較検討し、良さそうなものを選びましょう。

また、ショップの丁寧さも重要です。

「誠実で信頼できそうだな」

というのは画面からも伝わってきますので、じっくり見てみましょう。

いくらお値打ちでも、信頼できないショップからは購入しないようにしましょう!

 

⑤衝動買いせず、じっくり選ぶ

今しかない!!

と慌てて購入するよりも、じっくり時間をかけて検討すると最終的には良い物が手に入ります。

もちろんクーポンなど、今だけお値打ちなものは「お気に入り登録」し、気になる物と比較していきましょう。

⑥購入者の実際の口コミをチェックする

実際にその商品を購入した人の口コミが見られると、非常に参考になります。

ショップの人気商品は口コミも多いので、特に参考になります。

ただ注意したいのは、商品説明に書いてあることについて、わざわざ低評価をしてくる口コミ。

控えめ華奢ダイヤモンドネックレスと書いてあり、やっぱり小さくて残念なので低評価です。

いや、説明に書いてあるし!!!

ショップに実際の大きさをミリ単位で表示してあれば、これは購入者本人の確認不足なので、気にしないようにしましょう。

これに動じず、実際に書いてある大きさを手元の紙に書いてみるなどして確認しましょう。

 

まとめ:通販のダイヤモンドはなぜ安い?

  • 為替相場による価格変動
  • 大量仕入れでお値打ち
  • 地金の軽量化で価格を抑えている
  • 4Cの全ての質が良いとは限らない

 

ダイヤモンドを購入する上で大切なこと。

それは自分がどんなダイヤモンドジュエリーを求めているか明確にすること。

まずはそこから始まります。

とにかく安く、お値打ち感のあるものがいい。

というかたは価格とショップの信頼性を重視し、注意深く探せば、とても満足のいくものが手に入るでしょう。

もう少しダイヤモンドや金属にこだわって良い物を選びたい。

というかたは、本日ご紹介した裏抜きやチェーンの太さなどのポイントに重点を置きましょう。

あなたの人生に寄り添ってくれる、素晴らしいダイヤモンドジュエリーに出会えるはずです。

では、最後にもう一度まとめておきますね。

 

通販でダイヤモンドを選ぶ時のポイント:

  1. 商品の詳細が画像付きで詳しくわかる
  2. 実際のサイズがミリ単位でわかる
  3. ダイヤだけでなく、ネックレスならチェーンの太さもわかる(選べる)
  4. 他のショップの商品と比較検討する
  5. 衝動買いせず、じっくり選ぶ
  6. 購入者の実際の口コミをチェックする

 

素敵なダイヤモンドとの出会いがありますように。

ダイヤモンドネックレスをお探しなら、年齢ごとに見られるこちらの記事を参考にしてください↓

合わせて読みたい:

>>一生もの一粒ダイヤのネックレス:年齢と共に重ねて愛するダイヤモンド