ジュエリー・アクセサリークリーニングは自宅で簡単!プロが教える簡単お手入れ方法

ジュエリー クリーニング アクセサリー クリーニング ネックレス クリーニング シルバー クリーニング ジュエリー 洗浄 自宅

汚れたアクセサリーやジュエリーのお手入れって、どうすればいい?

実は自宅で簡単にできますよ。

日頃からできる簡単ケアから、便利で一生使えるお手入れアイテムまでご紹介します。

この記事を書いている私は、自らもカジュアルジュエリーショップ GJV でオリジナル商品を販売。

自分の商品だけでなく本当におすすめ出来る物を厳選して紹介します。

 

 

ショップはこちら>>

 

 

アクセサリー・ジュエリーの簡単お手入れ方法

結論から言うと、ジュエリー 、アクセサリーは自宅でも簡単に洗浄できます。

でも洗浄するまえに、知ってもらいたいこと、実際に行って頂きたいことがあります。

 

簡単すぎる!アクセサリークリーニングのベストな方法

ジュエリー クリーニング アクセサリー クリーニング ネックレス クリーニング シルバー クリーニング ジュエリー 洗浄 自宅

まずは一番簡単でベストな方法です。

身に着けたあとは、布状のクリーナーで汚れを拭き取って保管すること。

洗浄しないといけないほどの汚れを放置する前に対処しましょう。

私が長年使用しているセーム革がおすすめです。

 

セーム革とは、ジュエリー職人も仕上げに必ず使う鹿の革

宝石や貴金属の表面に付いた、指紋や皮脂を綺麗にとってくれます

しかも宝石に傷をつけません

1枚あると、たぶん一生使えますね。

私は1枚を20年つかっています!

しかも、価格はおよそ500円ほど。

500円で20年はお得すぎますね!

大きさは13×13cmほどのサイズで、小さめのハンドタオルくらい。

これで毎日お手入れして、それでも汚れが目立てきたら洗浄液をつかう

という方法が、私の長年の経験から学んだベストな方法です!

 

汚れてしまったジュエリーは自宅で洗浄

ジュエリー クリーニング アクセサリー クリーニング ネックレス クリーニング シルバー クリーニング ジュエリー 洗浄 自宅

セーム革で取れなくなった、細かい部分の汚れは洗浄します。

アクセサリーが自宅で洗浄できることを知らないかたもいますが、意外と誰でもできます

簡単でいますぐ出来るものを2つご紹介しますね。

 

①自宅にある中性洗剤で洗う

いわゆる食器洗剤で大丈夫です。

ただし、洗剤によっては中性でないものがあるので、事前に確認しましょう

裏面に「液性:中性」

と記載があるか見て下さいね。

私は頂きもので家にあった

花王さんのファミリーフレッシュ

セブンイレブンのオリジナル食器洗剤

を利用します。

使用方法
  1. 器に水またはぬるま湯をため、洗剤を少々垂らします。
  2. 数分のあいだ液体につけたら、洗浄液のなかで軽く揺すります。
  3. それでも汚れが目立つ箇所は、歯ブラシなどで優しくこすります。
  4. 水で洗浄液をよく洗い流して下さい。

 

②専用の液体クリーナーで洗う

これが一番安心だとは思います。

私が使っているものは、宝石貴金属専用の液体クリーナーです。

中に専用のミニブラシ、受け皿のようなカゴが付いていますので使い勝手がいいです。

こちらも中性洗剤です。

本体価格は1200円代~1500円ほど。

使用方法
  1. 専用の器にアクセサリーを入れ、液体の中に沈めます。
  2. 30秒間液体につけます。
  3. 汚れが目立つ箇所は、付属のブラシで優しくブラッシング。
  4. 水で洗浄液をよく洗い流して下さい。

 

わざわざ購入するのは面倒!

というかたは①の中性洗剤で大丈夫です。

これは私がジュエリー職人を目指していたころ、実際に工房でもやっていましたので安心して下さい。

 

①、②の方法、どちらも洗浄後は、水かぬるま湯でじゅうぶんに洗い流して下さい

その後、乾いた布で水分を優しくふきとります。

仕上げにセーム革で磨き上げると、さらに艶がでます。

 

シルバーアクセサリーの黒ずみ除去方法は、洗浄液も方法も違います。

詳しくはこちらの”シルバー・14kgfアクセサリーを一生ものジュエリーに”をご覧ください。

 

 

特に汚れが目立つネックレスのチェーンのお手入れは??

 

洗浄液で軽く洗っても落ちないときは、柔らかい歯ブラシなどでこすりましょう

先ほどのジュエリー専用クリーナーはブラシ付きなので、わざわざ準備の必要がありません。

楽ちんですね!

 

特にネックレスのチェーンは入念にクリーニングしましょう。

汚れや黒ずみの原因は、ご自身からでた汗や皮脂です。

表面の汚れは落ちても、チェーンのコマの内側は落ちにくい

優しくブラッシングするだけで見違えるように綺麗になります。

 

指輪の内側も同じ。

記念日などの刻印がある場所や、宝石の裏側は特に入念に

ハンドクリームなどが付着したままで、宝石が曇ってみえることもあります。

ただし、宝石によっては注意が必要です

 

洗浄に注意が必要な宝石

以下の宝石に該当するものは、洗浄液によっては使用しないで下さいと記載があります。

先ほどご紹介したCONNOISSEURSジュエリークリーナーも、下記の宝石は洗浄できません。

洗浄出来るクリーナーもいまからご紹介します。

 

注意
基本的には洗浄出来ないもの一覧:

エメラルド、珊瑚、パール、オニキス、トルコ石、ヒスイ、カメオ、琥珀、アクアマリン、ラピスラズリ 、マラカイト、オパール、 クリソベリル、アレキサンドライト、 キャッツアイ タイガーアイ、モルガナイト、ヘリオドール、 ムーンストーン、 アイオライト、アンダリュウサイトなど。

 

え?!でも汚れちゃったらどうするの??!!

ですよね!

上記の宝石類には、こちらのCONNOISSEURS デリケートクリーナーがおすすめです。

 

先ほどのクリーナーではNGだった、オパールや真珠なども洗浄可能。

 

ちなみに、

わたし自身は実際にパールやオニキスなどを中性洗剤と水道水で洗浄したことがあります。

見た目の変化は特にありませんが、高価なものや、経年劣化が心配なかたは専用クリーナーがおすすめです。

 

オパールは特に注意が必要

オパールは水分を多く含む石です。

私の経験上、液体につけている時間が長いと水分を吸収します。

そして見た目が変化することがありますので注意が必要です。

特にミルキーオパールは経年とともに、水分の出入りで表情が変化します。

どうしても洗いたい!!!という時は、極力短時間でササッと終わらせてください。

先ほどのCONNOISSEURS デリケートクリーナーはオパールの洗浄も可能ですが、慎重に。

 

アンティークやメッキも注意

特に風合いが変化すると価値が落ちてしまうような、アンティークアクセサリーは注意が必要です。

できるだけ洗浄は避けましょう。

とくにメッキ製品は表面のメッキが非常に薄いため、ゴシゴシこするのは絶対にNGです。

メッキが剥がれ、中の素材が出てきてしまいます。

とにかく優しく拭き取りましょう。

やはり研磨剤の入っていないセーム革がおすすめです。

 

超音波クリーナーは必要?

必要ありません。

ジュエリー制作の仕上げの段階で、細かい部分に入り込んだ研磨剤を洗浄するのに使用することはあります。

ブラシでは届かない部分ですね。

ただし、何度も不必要に超音波クリーナーを使えば、宝石の見えないくらいの小さなヒビが大きくなり、割れることがあります

特に天然の宝石ほど注意が必要です。

宝石は地球が生んだ奇跡の産物。

傷ひとつ無い完璧なものは稀です

見た目以上に傷つきやすいため、労ってあげましょう

結婚指輪や婚約指輪なども、もちろんご自宅で洗浄できます。

落ちなくなった汚れが気になる場合は、購入したジュエリーショップに持ち込んで、超音波洗浄してもらいましょう。

 

アクセサリー&ジュエリーは日頃のお手入れで変わる!

アラフォー アクセサリー ジュエリー 14金 ゴールド ジュエリー 金属アレルギー

最後に簡単な自宅でのお手入れ方法をまとめておきます。

ネックレス、指輪、いわゆるアクセサリー全般のクリーニングは、これで解決です。

  • セーム革:1つあればこれだけでOK!毎日の簡単!お手入れとりあえずの一歩
  • どうしても汚れが目立つようなら中性洗剤や専用クリーナーを使用し、自宅でクリーニング
  • メッキ製品は特に慎重に

せっかくのお気に入りジュエリー。

いつまでも美しく輝いていて欲しいですね。

大切に扱って、あなたの大切な人生のパートナーとして共に歩んでいけたら素敵です。

 

「すごく綺麗になったね」あなたに魔法の言葉をプレゼントするGJV

GJV(glam jewels vintage)のすべてのジュエリーは・・・・・

 

「どうしていつもそんなに輝いてるの?」 

「若い頃より今のほうが素敵ね」 

「最近綺麗になったね」

 

そんな女性を輝かせる、魔法の言葉を届けるために作られます。

周りからの素敵な言葉はあなたの人生に、より一層の輝きを約束します。

  • 飾らないのに素敵
  • 気取らなくても魅力的

それはジュエリーがあなたを内側から輝かせるから

女性としての自信がついたり

鏡に映る自分を見るのが楽しくなったり・・・

あなたの願いをジュエリーが叶える✧

GJV

 

GJV を見てみる♪ ➪