ネックレスの素材ランク比較|どれがあなたに最適?価格差と特徴を徹底解剖

ネックレス 素材 ランク


ネックレスを選ぶ際、素材によって価格、耐久性、アレルギーのリスクなどが異なり、あなたのスタイルにも大きく影響を与えます。

あゆ美

大人の女性がもっと輝くためのカジュアルジュエリーGJVのオーナー、あゆ美です

ゴールドひとつとっても、その純度や加工方法で種類とランクも様々です。

本記事では、様々な素材について詳しく解説し、そのランクと特徴を明らかにします。これを参考に、自分に最適なネックレスを選びましょう。

ネックレス素材のランクとは?

ネックレス素材のランクは、その素材自体の価値、耐久性、見た目の美しさによって評価されます。

これにより、選ぶ素材によってネックレスの価格や質感、保管とメンテナンスの方法も変わります。

ライフスタイルや予算に応じて適切な選択をするために、素材について詳しく理解することが大切です。

素材ランク1位はゴールド

ネックレスに限らず、ジュエリー素材で最も価値があるのはゴールドです。

長年、少しずつ価格上昇を続けているゴールド。

2024年7月8日現在、ゴールドの1gあたりの店頭小売価格は13,605円、店頭買取価格は13,469円です。

純度100%の24金から、銅などの割がねを混ぜて耐久性を高めた18金や10金など、ゴールドだけでもランクは様々です。

金の含有量によって素材のランクが変わります。

ネックレス 素材 ランク

金の含有量が多ければ価格は高くなりますし、少なくなればお値打ちになっていきます。

資産価値があるのは金の純度が高いものですが、ネックレスという視点でみればどうでしょう。

金の含有量が多い方が良いと一概に言えないのは、みなさんそれぞれに合った価格や見た目が大切だからです。

18金や10金などの詳しい選び方は後ほど解説します。

素材ランク2位はプラチナ(pt)

プラチナは、純度が高く耐久性に優れた貴金属です。

また、変色しにくく、アレルギー反応を引き起こしにくいため、多くの人に愛されています。

特別な日のジュエリーや長期にわたって愛用できるネックレスを探している方には最適です。

他の金属と違い、プラチナは重く、落ち着いたシルバーの色合いが特徴です。

「白金(はっきん)」とも呼ばれますが、ゴールドとは異なる素材です。

プラチナは年間採掘量が非常に少なく、金の約20分の1しか採掘されないため、希少価値の高いレアメタルとして知られています。

特に日本は世界最大規模のプラチナ消費国であり、婚約指輪や結婚指輪の多くに採用されています。

プラチナとゴールドどちらが高価?

市場価格から見て、現在はゴールドの方が高価とされています。

2024年7月8日現在、ゴールドの1gあたりの店頭小売価格は13,605円、店頭買取価格は13,469円です。

一方、プラチナの1gあたりの店頭小売価格は5,905円、店頭買取価格は5,730円となっています。

この価格差から、ゴールドの方が資産価値が高いことがわかります。

ゴールドが高価な理由

ゴールドは世界的に需要が高く、特に宝飾品や投資としての人気が強いです。

インフレや不景気の際にも価値が下がりにくいという特性があり、「有事の金」として多くの資産家に好まれています。

このため、世界中のどの国でも一定の価値を持つゴールドは、安定した資産として認識され、プラチナを超える資産価値を持つようになったのです。

一方、プラチナはその希少性から過去には高価で取引されましたが、主に工業用途に使われるため、景気の影響を受けやすく、価格が変動しやすいといった特徴があります。

以上のように、ゴールドとプラチナはそれぞれに異なる特性と市場価値を持つ貴金属です。

用途や市場需要の違いが、両者の価値の違いに深く関わっています。

ネックレスとして持っておくならどちら?

ゴールドよりもシルバーカラーがお好きで、価値のある物をお求めならプラチナ。

資産価値のあるものをお求めならゴールド。

ゴールドはホワイトゴールドもありますので、色の選択肢もひろがりますね。

 

景気の悪化で価格が上昇する⇒ゴールド

景気の悪化で価格が下がる⇒プラチナ

ネックレスの素材としても資産価値としても、よりランクが上なのはゴールドと言っていいでしょう。

※価格は変動しますのでご注意下さい。

単純にオシャレなネックレスとして購入するなら、ゴールドの中でも多くの種類があります。

次で詳しく解説しますので、ぜひご覧下さい。

 

ゴールド素材の種類を選ぶならどれ?

単純にゴールドと言っても24金の純金から10金、更に14金ゴールドフィルド、18金メッキまで種類は様々です。

あなたに最適な価格帯と見た目の美しさを選ぶため、詳しく見ていきましょう。

種類とランクはこちら。

ゴールド素材のランクと種類:

 

1位 ✧ 18金

2位 ✧ 14金

3位 ✧ 10金

4位 ✧ 14金ゴールドフィルド(14kgf)

5位 ✧ 18金メッキ(18kgp、18金コーティング、18金ゴールドプレート)

あくまでも価格と金の含有量のランクです。

ネックレスの素材として選ぶなら、ご予算に合わせて最適なものを選びましょう。

1位✧18金(18K)

18金は、全体の75%が金で残り25%は銀や銅などの合金で構成されています。

高い純度を持ち、ゴールド特有の美しい輝きと耐久性が魅力です。

アレルギー反応を起こしにくく、長期間使用しても色褪せしにくいのが特徴です。

ただし、その分価格も高くなります。18金は高級感を求める方や、肌が敏感な方におすすめです。

おすすめな人:

予算が無限大

ボリュームのあるネックレスが欲しい

お肌のトーンがイエローベースで金色が似合う

投資商品として持っておきたい

高級感がほしい

おすすめできない人:

予算を抑えたい

お肌のトーンがブルーベース

あゆ美

ブルベさんは18金ならピンクゴールドのほうが似合いますよ♪

2位✧14金(14K)

14金は、全体の58.3%が金を含み、残りが合金です。

18金よりも金の含有量は少ないものの、その分価格も手頃で、適度な耐久性と美しい光沢を持ちます。

日常使いに適しており、色褪せしにくく、アレルギーが心配な方にも比較的安心して使用できる素材です。

高級感と日常使いのバランスが取れた素材と言えます。

おすすめな人:

お肌のトーンがブルーベース

18金は予算オーバーだが、ジュエリーが欲しい

つけっぱなしにしても大丈夫な日常使いもできるネックレスが欲しい

なるべく予算を抑えたい

おすすめできない人:

投資商品として購入したい

派手な金色が好き

3位✧10金(10K)

10金は、全体の41.7%が金を含む素材で、残りは銀や銅などの合金です。

金の含有量が低いため、価格も他の金に比べて手頃です。

耐久性に優れ、日常使いに適しており、しっかりとした手触りと光沢を持っています。

ただし、アレルギー反応が出やすい方には注意が必要です。

ニッケルなどのアレルギー物質が含まれていないか確認しましょう。

おすすめな人:

お肌のトーンがブルーベース

日常使いネックレスとしてお手頃だけど高級感のあるものが欲しい

予算が2~3万円以内で、デザインにこだわりたい

予算を抑えながらダイヤモンドなどの宝石も入れたい

おすすめできない人:

投資商品として購入したい

派手な金色が好き

他の18金ネックレスと組み合わせて使いたい

あゆ美

他の18金ネックレスと合わせて着けると、色味の違いがハッキリし過ぎます。

素材は合わせた方が統一感がでます。

4位✧14kgf(14金ゴールドフィルド)

14kgfは、真鍮などのベースメタルに14金を圧着したもので、本物の金のような外観と耐久性を持ちながら、コストを抑えることができます。

14金の層が厚くメッキの20~30倍あるため、長期間使用するkとができる。

通常の使用であれば、14金が剥げて、中の素材が露出することがほとんどないのが特徴です。

高級感と手頃な価格のバランスが取れており、多くの人に支持されています。

あゆ美

当店で主に取り扱っているのが14kgfで、アクセサリーのカジュアルさとジュエリーの高級感を併せ持った魅力があります。

おすすめな人:

14金、10金よりもう少し価格を抑えたい

高級感のあるジュエリー素材のネックレスが欲しい

長く愛用できるものが欲しい

ブルベでゴールドが似合わないと心配している(ブルベのかたも似合います)

おすすめできない人:

中まで全てゴールドの素材でないと満足できない

ジュエリーの扱いが雑で、いつも傷だらけになる

 

金属アレルギーが心配な場合は、14kgfとは?アレルギーに強い大人のジュエリーの魅力で更に詳しくご紹介していますのでご覧下さい。

 

5位✧金メッキ

金メッキは、主に真鍮やシルバーなどの金属の表面に薄い金の層を施したものです。

中身は他の金属でありながら、外観は金のような輝きを持つため、低価格で手に入るのが魅力です。

金メッキの厚さは数マイクロメートル程度で、主に18金が使用されます。

刻印で「GP」、「GEP」と表記されることが一般的です。

耐食性に優れており、本物のゴールド美しさをもっています。

ただし使用を重ねると数年で変色やはがれが見られることがあります。

 

おすすめな人:

14kgfよりも価格を抑えたい

アクセサリーとして楽しみたい

ゴールドの価値にこだわりが無い

おすすめできない人:

表面のゴールドが失われるのが嫌だ

長く愛用したい

 

金属アレルギーが心配なかたはゴールドの金属アレルギーから解放!|アクセサリー選びで後悔しないためのコツをご覧下さい。

  • 金の純度とアレルギーの関係
  • 皮膚科に行かず簡単にできる金属アレルギーテスト用ピアス

などを紹介しています。

 

ゴールド以外のネックレス素材

ここからはゴールドやプラチナ以外の素材についてです。

唯一、貴金属とよばれるネックレス素材がシルバーです。

主に純度の高いSV925がネックレスとしての貴金属でとなります。

それ以外の素材は貴金属ではありませんが、安価なアクセサリー素材として人気です。

カジュアルな貴金属 1位✧SV925(シルバー925)

SV925は、92.5%がシルバー(銀)を含む素材で、残りの7.5%は銅などの合金です。

シルバー特有の輝きと柔らかさを持ち、比較的手頃な価格で購入できます。

ただし、変色しやすい傾向があるため、定期的なメンテナンスが必要です。

デザイン性に富んだネックレスを求める方や、ファッションジュエリーとして使用するのに適しています。

重量やブランド名にもよりますが、およその価格は14kgfと同じくらいか、ややお値打ちです。

おすすめな人:

本物のシルバーの重量感と輝きが好き

つけっぱないでも大丈夫なネックレスが欲しい

とにかくシルバーが好き

おすすめできない人:

シルバーの変色が許せない

アクセサリーをボックスに入れず放置することが多い(空気に触れたまま放置すると変色します。)

 

シルバーの魅力については、sv925とは?錆びない貴金属の秘密をご覧下さい。

 

ここからのランキングは貴金属ではありませんので、アクセサリー素材の平均的な価格の差です。

金属アレルギーや用途に合わせて選ばれるのがいいでしょう。

2位✧チタン

チタンは丈夫で軽量、かつ錆びにくいという特徴を持つ高品質な金属です。

通常は黒っぽい銀色ですが、加工により多様な発色が可能です。

医療器具にも用いられる安全性があり、金属アレルギーのリスクが低いため、敏感肌の人にも適しています。

汗に強く錆びないので、変色の心配もほとんどなく、入浴やスポーツの際にも安心して使用できます。

しかし、他の金属と比べて加工が難しいため、リングの大幅なサイズ直しや磨き直しが困難です。

また、チタンは貴金属ではないため、資産価値がありません。

これが原因でチタン製のアクセサリーはシルバーやプラチナなどに比べると数が少なく、取り扱っているブランドも限られています。

おすすめな人:

金属アレルギーで困っている

軽くて丈夫、変質・変色をしにくいものが欲しい

ほとんどお手入れの必要が無いものが欲しい

おすすめできない人:

指輪のサイズ直しや、今後加工することを考えて購入したい

貴金属としての価値が欲しい

3位✧ステンレス

ステンレスは、錆びにくく耐久性に優れた金属です。

価格も比較的安価で、日常使用に非常に適しています。

アレルギーを引き起こしにくいため、敏感肌の方にも安心して使用できます。

その頑丈さから、スポーツやアウトドア活動中にも適しています。メンテナンスが少ないため、手軽に扱えるのが魅力です。

おすすめな人:

手軽にアクセサリーを楽しみたい

本物のジュエリーの輝きにこだわりが無い

金属アレルギー症状が酷い

おすすめできない人:

本物のジュエリーの輝きと貴金属を求めている

価値のあるものを身に着けたい

4位✧真鍮

真鍮(ブラス)は、主に銅と亜鉛の合金で、美しい金色の光沢が特徴です。

その配合割合や加熱によって色が変わり、金色からアンティーク調の色まで多様に展開できます。

腐食しにくく加工しやすい性質を持ち、アクセサリーやジュエリーに広く利用されています。

一方で最初の美しい金色はすぐに変色していきます。

変化する色や質感に愛着を持ち、長く愛用する人も少なくありません。

手頃な価格で手に入るため、多くの人々に愛されていますが、酸素や水分に反応して錆びが発生し、それが身体や衣服に付着することがあります(無害です)。

ただし、金属アレルギーの方には不向きです。

おすすめな人:

真鍮の変色をあえて楽しみたい

金色から変色し、朽ちていく色を楽しみたい

価格を安価に抑えたい

お手軽なアクセサリーが欲しい

おすすめできない人:

最初の美しい金色の輝きを維持したい

変色に価値を見いだせない

 

番外編:ロジウムコーティング(メッキ)

ロジウムコーティングは、プラチナやシルバーなどの貴金属の表面にロジウムをコーティングする技術です。

このコーティングにより、さらに強い輝きと耐久性を得ることができます。

また、アレルギー反応を起こしにくく、変色しにくいのも大きな利点です。しかし、コーティングが擦り減るとメンテナンスが必要になります。

高級感を維持したまま使用したい方におすすめです。

ロジウムという素材が非常に高価なため、例えばSV925ならロジウムコーティングを施したもののほうが、少し高額になります。

ロジウムメッキのメリット&デメリットは、ロジウムメッキとは|アクセサリーの輝きが長持ちするって本当?をご覧下さい。

おすすめな人:

SV925で金属アレルギーが出たことがある

シルバーネックレスが欲しいが、変色しない物が欲しい

シルバーのお手入れが面倒に感じる

おすすめできない人:

シルバーそのものの白い輝きが好き

いぶし銀と白い輝きのコントラストを楽しみたい

 

それぞれの素材にはメリットとデメリットが存在しますが、その特性を理解し賢く選ぶことが重要です。

ここからはネックレスの素材えらびの注意点や、当店オリジナルのネックレスをご紹介します。

 

ネックレスの価格と素材選びのポイント

ネックレスの価格は、素材のランクによって大きく異なります。

高価な素材ほど、耐久性や美しさも優れているため、長く愛用できるアイテムとなりますが、その分初期投資が必要です。

一方で、手頃な価格の素材も用途によっては十分な選択肢と言えるでしょう。

素材選びの注意点

ネックレス素材を選ぶ際には、デザインだけでなく、使用頻度や目的、予算、アレルギーの有無なども考慮する必要があります。

例えば、高級感を求めるなら18金やプラチナが最適ですが、日常使いには14金や10金、さらに14kgf素材などが適しています。

また、アレルギーのリスクがある場合は、ロジウムコーティングやプラチナを選ぶと良いでしょう。

18金とトリートダイヤモンドのネックレス

ブルーダイヤモンドのバイザヤード風デザインネックレス【トリートダイヤ:18金製】>

珍しいブルーのダイヤモンドです。

石枠にはヨーロッパで人気のミル打ちが施され、クラシックな雰囲気に。

全て18金製です。

18金と14kgfの組み合わせ:スライスダイヤモンド

スライスダイヤモンドネックレス!>

18金の石枠に収められたのはスライスされたダイヤモンド。

ナチュラルな自然の姿で、古代のロマンを想わせる個性的なダイヤモンドです。

チェーン、留め具は14kgf製でお求めやすい価格です。

14kgf&パールや天然石のネックレス

14kgf素材のジュエリーは、当店で最も数多く製作販売している商品です。

ゴールドの価格上昇が続く中、お値打ちに本物の14金の輝きをお楽しみ頂けます。

ネックレス ピアス セット ダサい

クリップネックレス✧パール&ラブラドライト>

ペーパークリップをモチーフにした個性的なネックレス。

海外セレブにも人気のデザインです。

クリップが留め具になるので、お好きな長さに調整できます。

誰も持っていないような特別なネックレスをお求めのかたに。

 

パール チョーカー マンテル ネックレス 短め ジュエリー ゴールドネックレス 真珠ネックレス ベビーパール

パールマンテルチョーカー(ゴールド or SV925)>

当店で非常に人気の高いチョーカー。

38㎝~42㎝までお好きな長さでご注文頂けます。

留め具のマンテルにパールをあしらった当店オリジナルの商品です。

オシャレ感度の高い女性に人気。

スーツでもTシャツでも似合う万能チョーカー。

12kgf素材モチーフネックレス

12kgfハートモチーフチェーンネックレス 選べる長さ40-45cm>

こちらは珍しい12kgfネックレスです。

14kgf素材はチェーンのボリュームが上がれば、金の含有量も上がるため高額になっていきます。

こちらは12kgfで、ボリュームがありながら低価格を両立。

あえて大人の女性がつけることで、高級感が増し、オシャレに洗練されて見えるスキンジュエリーです。

上質なSV925の輝き

パールマンテルチョーカー(ゴールド or SV925)>

先ほどご紹介したチョーカーのシルバーです。

こちらのチェーンは美しいカットの入った喜平チェーンで、光を反射してキラキラト輝きます。

SV925パール&チェーンY字マンテルネックレス>

シルバーとベビーパールの白が輝くネックレス。

Y字にしたり、ミドルネックレスにしたり、アレンジをお楽しみ頂けます。

ゴールドバージョンもございます。

選べるSV925+ロジウムコーティング

long 80-90cm ナバホパールスタイル-SV925:3mmボールチェーンネックレス>

こちらは人気のナバホパールのようなデザインのボールチェーンネックレス。

上質なSV925に

ロジウムコーティングあり or なし

をお選び頂ける珍しい商品です。

シルバー特有の変色を防ぎたいなら”ロジウムコーティングあり”

シルバーそのものの美しく白い輝きがお好きなら”ロジウムコーティングなし”

お好みでお選び下さい。

ミドルサイズはこちら⇒middle 50-60cm ナバホパールスタイル-SV925

最適なネックレス素材を選ぶ

最適なネックレス素材を選ぶためには、ランクも考慮しつつ自分のライフスタイルや好み、予算をしっかりと見つめ直すことが大切です。

  • 貴金属としての価値にこだわるのか考える
  • 自分のお肌のトーンや敏感さに適したものを選ぶ
  • 耐久性と価格のバランス
  • デザインと予算のバランス

価格が高く、素材のランクが上位のものがベストとは限りません。

あなたにピッタリ合う素材ごとの特性を理解し、用途に合わせた選択をすることで、長く愛用できるジュエリーを手に入れることができます。

各素材の特徴を参考に、あなたにぴったりのネックレスを見つけてください。

 

「すごく綺麗になったね」あなたに魔法の言葉をプレゼント

GJV(glam jewels vintage)のすべてのジュエリーは

女性としての自信がついたり

鏡に映る自分を見るのが楽しくなったり・・・

あなたの願いをジュエリーが叶える✧

GJV

公式サイト>

“`json “`